読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太 お得過ぎる3大遊園地

 荒谷竜太です!皆さんこんにちわ。今日は群馬のお得すぎる遊園地についてご紹介させて頂きます。

群馬のお得過ぎる3大遊園地をご紹介!入園無料&乗り物もなんと10円〜♪


群馬には、驚くべき格安遊園地が3ヶ所もあるんです!普通に考えれば、入園料があったり、1dayパスポートの購入義務があったりと、訪れるだけで高額になってしまうもの。ですが、ご紹介する3ヶ所は、その真逆を行っています!!日本中のお父さん、お母さん、ここならお金の心配は必要ありません。日々、お子さんにせがまれて、連れて行ってあげたいけど予算的な悩みをお持ちだった方々に朗報の有力情報をご紹介させて頂きます。ぜひ、ご家族で思いっきり楽しみに出かけてみて下さい!

1.るなぱあく(前橋市


るなぱあく。
それは「にっぽんいち なつかしい ゆうえんち」
 

入園料無料&乗り物格安



入園料が無料なうえに、乗り物がMAX高くて50円! 50円ですよ!
そして一番安いのがなんと10円! インフレとかデフレとかそんなことは関係ない世界がここにはあります。
「にっぽんいち なつかしい ゆうえんち」というキャッチフレーズに1mmも違わぬ威風堂々の趣きがいろんなものを誘います。

ぐんまなび
ひこうとう50円!
ぐんまなび
メリーゴーランド50円!


もくば館10円!


この笑顔Priceless

 

■ 基本情報

 ●JR前橋駅北口バスロータリーにて
      >「前橋公園行き 1番乗り場」乗車 ⇒「前橋公園前」下車 徒歩3分
  >「5番乗り場」乗車 ⇒「遊園地坂下」下車 徒歩3分
  >高22「新前橋駅西口行き 6番乗り場」乗車 ⇒「遊園地坂下」下車 徒歩3分
 
 ●JR新前橋駅西口ロータリーにて
      >「総合スポーツセンター行き」乗車 ⇒「遊園地坂下」下車 徒歩3分マイバス(北循環)
 
 ●上毛電鉄中央前橋駅にて
      >「北循環31:中央前橋駅前」乗車 ⇒「北循環10:臨江閣前」下車 徒歩3分
  
バスの路線と時刻表は↓↓バスネット群馬↓↓で検索してください。
http://www.busnet-gunma.jp/search/index.html

  • ・営業時間:9:30~17:00(3月1日~7月19日、9月1日~10月31日)
  •         9:30~18:00(夏期 7月20日~8月31日)
  •         9:30~16:00(冬期 11月1日~2月29日)
  • ・定休日:火曜日
  • ・電話番号:027-231- 6774
  • ・料金:入園料無料。乗り物は1回50円と10円のものがある。
  • ・公式サイトURL:http://www.lunapark-maebashi.com/index.php
  • ・参考クチコミサイト:http://www.gunlabo.net/shop/shop.shtml?s=427(ぐんラボ!)
  •           

 

2.桐生が岡遊園地(桐生市


地元のみならず、群馬県人がお世話になる遊園地、それが桐生が岡遊園地。 

隣の動物園も一緒に入園料無料!

おまけに駐車料金も無料!
どうですか、このお得感。さらなるお得感、大型遊器具が大人200円、子供(中学生~2歳)100円、小型乗り物50円。どーん!

ミニレール50円!


観覧車50円!


パンダ!10円!!「あたいの背中にのってけろ!」


春は桜の名所として大変な賑わいをみせます。遊園地へと続く坂道が人でごった返します。 

■ 基本情報

 

3.華蔵寺公園遊園地(伊勢崎市)



この観覧車、でかいにつき。
遠くからもみえる目印です。

イベント満載!遊具いっぱい!

 15個もの遊具があり、その中にはジェットコースターや急流すべり、大観覧車など、”大物”も多数あります。春の夜間営業やキャラクターショーなど、イベントもよくやっています!

ジェットコースター♪

急流すべり♪

マジカルグライダー♪

桜の名所としても有名!

 ■ 基本情報

  
  


群馬の入園無料&格安遊園地を3施設ご紹介しました!いかがでしたか?本当に無料でいいんですか?とこちらが恐縮してしまいそうですね。公園に出かけるような気軽な気持ちで、週末に行ける目的地として地元の人々にも人気の三大施設。10円のパンダ人形や350円のジェットコースター、なんと50円で桐生市街地の一大パノラマが見渡せる観覧車。格安だからこそ、お子さんが満足するまで楽しませてあげられそうですね。入園するだけで、何千円もかかってしまうテーマパークは、もちろん質も高く楽しいはず!ですが、このようなレトロな施設ならではの魅力を発見しに、週末にでもお出かけしてみてはいかがでしょうか?

荒谷竜太