読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太 ハマの番長

荒谷竜太です。皆様こんにちわ。
昨日は横浜DeNAのハマの番長こと三浦大輔投手(42)が今期初登板しました!
バッティングでは歴代4位となる24年連続安打をマークしましたが肝心のピッチングの方は残念な結果に終わってしまいました。

 

セ・リーグ、DeNA3-13中日、12回戦、中日6勝5敗1分、11日、横浜)DeNA・三浦大輔投手(42)が11日、中日12回戦(横浜)に先発し、4回11安打6失点KO。現役最年長選手として、歴代単独トップとなる24年連続勝利をかけて今季初登板を果たしたが、チームは3-13で大敗し、4位に後退した。

 「本当に悔しい。申し訳ない」。プロ25年目のハマの番長が声を絞り出した。一回に5連続安打(1本塁打)など7安打で6失点。二回に立ち直ったものの、4回で101球を要し、マウンドを降りた。

 序盤から劣勢を強いられる中、勝利への執念はバットに表れた。二回二死一塁、中日・バルデスの134キロの直球を左前打。大島康徳日本ハム)に並ぶ歴代4位の「24年連続安打」を達成。投手では米大リーグ、カブスなどで通算355勝を挙げたグレッグ・マダックスの「23年連続」を抜く“世界記録”となり、球団はギネス申請の検討を始めた。

 「これで終わったわけではない。この悔しさを次に生かしたい」。三浦は目をギラつかせた。今季4度目の4連敗を喫したラミレス監督も「(前半戦の)残り2試合の結果を見て、検討したい」と三浦の後半戦の先発ローテーション入りに含みを持たせた。

 月曜日のナイターでは異例の2万8080人が集まり、満員御礼となったハマスタ。ファンもリベンジの白星を待っている。

 

次の登板では頑張ってもらいたいものです。
今回はこの辺りで荒谷竜太でした。