読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太 風呂に敷いてないのに風呂敷と呼ぶ理由とは

荒谷竜太です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介させて頂きます。

荒谷竜太 風呂に敷いてないのに風呂敷と呼ぶ理由とは

風呂に敷いてないのに風呂敷と呼ぶ理由とは

風呂敷

画像引用元:http://sousounetshop.jp

風呂敷と言えば何でも包めて持ち運びの便利な布のことですが
なぜ「風呂」敷なのでしょうか?

なぜ風呂敷なのか?

風呂敷
画像引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp

風呂敷は風呂場で使うものだった。

奈良時代から衣類を包むための「平包(ひらつつみ)」と言う布があり、
自分の着物と他人の着物を間違うことがないように平包に包んでいました。

これが風呂敷と呼ばれる前の布です。

風呂敷と呼ばれるようになったのはいつ?

浴場 江戸時代

風呂敷と呼ばれるようになったのは江戸時代。

室町時代から風呂が大流行して、大勢の人が入れる大浴場が建ちました。
その時、平包に着物を包んでおいて風呂に入り、風呂から上がると包みをほどいて
その上に腰を下ろして湯上がりの体を休ませて衣類を着ていきました。

これが江戸時代になると「風呂上がりの後に敷く布」ということで「風呂敷」となったのです。

--

以上、風呂に敷いてないのに風呂敷と呼ぶ理由とはでした。

本日はこの辺りで、荒谷竜太でした。