読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太のトリビアブログ

荒谷竜太 お茶は種類によって入れるお湯の温度が違う

荒谷竜太です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介します。
荒谷竜太 お茶は種類によって入れるお湯の温度が違う

お茶は種類によって入れるお湯の温度が違う

お茶

お茶の中でも日本茶は「煎茶、番茶、玉露」などの種類があります。
お茶は昔から現在に至るまで年齢関係なく幅広く飲まれている飲み物です。
そんな茶には様々な種類がありますがそれぞれ適温が違うのです。

沸騰したお湯を使用すると・・・

沸騰したヤカン

すべてのお茶を沸騰したお湯で注ぐと損している。

お茶の中にはタンニンやカテキンなどの苦み成分と
アミノ酸などのうま味成分が含まれておりますが、それぞれのお茶には溶け出す温度が異なっています。

そのお茶に適した温度で注がないとうま味成分が飛んでしまったり
苦み成分が必要以上に多く出してしまうので本来のおいしさを引き出せていない事もあります。

おいしさを最大限に引き出すお湯の温度と時間

_shared_img_thumb_ZUB85_ocyanoki_TP_V

お茶に注ぐと良いお湯の温度は以下の通りです。
浸出時間はお湯を注いだ後に待つと良い時間。

温度<100℃~90℃> 浸出時間(約30秒)
・玄米茶
・ほうじ茶
・番茶
中国茶青茶・黒茶・紅茶)

温度<80℃~90℃> 浸出時間(約30秒)
・煎茶
中国茶黄茶

<70℃~80℃> 浸出時間(約1分)
中国茶(緑茶・花茶

<60℃~70℃> 浸出時間(約2分)
・上煎茶
中国茶(白茶)

<50℃~60℃> 浸出時間(約2分)
玉露
・かぶせ茶

お茶に入れると良い水

drops-of-water-578897_640

お茶に入れると良い水は軟水。

硬度のかなり高い水や酸性やアルカリ性の強い水だとお茶の味や香りに影響が出てしまいます。

日本の水道水はほとんど「軟水」ですが、カルキ消毒をしているのでカルキの臭さがあります。
カルキ臭さを消すため水道水を2~3分ほど沸騰させると良いでしょう。また、水がおいしくない地域では5分ほど沸騰させましょう。

--

以上、お茶は種類によって入れるお湯の温度が違うでした。

本日はこの辺りで。荒谷竜太でした。